オープンイノベーションセミナー



開催概要


 イノベーティブな発想で未来社会を想定すると全く新しいビジネスが登場する。本基調講演では、自動運転から社会イノベーションにつながるサービス創出の最新動向や、システム思考とデザイン思考を組み合わせたイノベーティブかつシステマティックなデザインを行なうための手法について紹介する。

開催日時 2019年7月29日(月) 15:00 - 17:30
(意見交換会 17:45~)
参加費用 (セミナー) 無料、(意見交換会) 1,000円
会場 billage OSAKA
大阪府中央区本町4丁目2-12 東芝大阪ビル8F



プログラム

14:30  受付開始
15:00~16:00 [基調講演1]
 自動運転が生み出す社会イノベーション
  名古屋大学 未来社会創造機構教授 河口 信夫 氏

 自動運転やコネクテッドカーに代表される100年に一度といわれる移動イノベーションが進行しています。この講演では、自動運転やコネクテッドカーの現状について概観したあと、自動運転が普及した未来に起こる社会イノベーションを構想します。また複数のサービスが連携するためのプラットフォームとして、我々が構築している「Synergic Exchange(Synerex)」を紹介します。
16:00~17:00 [基調講演2]
 “システム×デザイン”思考でイノベーティブに考える
  慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 准教授 五百木 誠 氏

 前例や過去のしがらみにとらわれず、全く新しいアイデアを狙って考えつくにはどうすればよいでしょうか?この講演では、思い込みを排除してイノベーティブに考えるための方法を、具体例を交えながら紹介します。まず「思考のバイアス」を知ってもらった上で、デザイン思考とシステム思考のコンビネーションとしての”システム×デザイン”思考の概要を説明します。最後に、慶應SDM研究科で実施している具体的な活動事例を紹介します。
17:00~17:20 [情報通信研究機構 事業紹介]
 NICTテストベッドについて~StarBEDでできること~
  国立研究開発法人情報通信研究機構 北陸StarBED技術センター センター長 宮地利幸
17:20~17:30 [組込みシステム産業振興機構 施策紹介]
 ビジネスコンテスト WINK 2019のご紹介
   組込みシステム産業振興機構 事務局
17:45~18:45 意見交換会


講演者

名古屋大学 河口教授

 河口 信夫(かわぐち のぶお)

名古屋大学未来社会創造機構教授・博士(工学) 岐阜県生まれ。名古屋大学工学研究科博士課程後期課程情報工学専攻満了。名古屋大学工学研究科助手、講師、助教授等を経て、2009年より名古屋大学大学院工学研究科 教授。2014年より現職。 著書に「情報処理大辞典」(分担、オーム社)など。 NPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra) に加え、自動運転ベンチャー 株式会社ティアフォーを設立。

慶應義塾大学 五百木准教授

 五百木 誠(いおき まこと)

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科准教授 三菱電機(株)にて「きく8号」「ひまわり7号」を始め数多くの人工衛星のシステム設計を担当。その後、一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構で宇宙産業の海外展開支援と国際協力推進を担当し、欧米を始め、アジア・アフリカ・南米各国を訪問。 2014年4月から慶應義塾大学大学院SDM研究科准教授。専門分野はシステムズエンジニアリング、人工衛星設計。


申し込み方法

本イベントは終了いたしました。

開催体制

主催:
国立研究開発法人情報通信研究機構
組込みシステム産業振興機構
協賛:
株式会社MJE