HOME > イベントスケジュール > 「組込み産業地域交流プラザ2014in名古屋」開催について

組込み産業地域交流プラザ2014 in 名古屋 開催について

 機構では全国組込み産業フォーラムや地域連携セミナーで各地域の皆様に来阪いただき、交流を図ってきましたが、より一歩進めて、関西ひいては国内組込み産業活発化をめざし、地域を超えた企業連携や共同研究のきっかけづくりとして各地域でシーズ・ニーズ、支援施策など紹介しあう「組込み産業地域交流プラザ」を開催します。
 第2回目となる今回は、自動車産業を始めとして、組込み産業の一大集積地である中部地域で開催し、中部と関西および東北3地域が集まって、各地域にとって利益となる連携へと発展させていきたいと考えています。ご興味のある方は、是非参加いただければ幸いに存じます。

開催日程
  • 2014年9月2日(火) 9:30~16:00
    •          (17:30-19:30 交流会)
開催場所

ウインクあいち 10階 1001、1002大会議室
 URL:http://www.winc-aichi.jp/

開催概要

<テーマ>

  • 「車載機器」、「ヘルスケア」、「ロボット」他の各産業における取組み

<構成>

  • 1.講演  …各産業の取組み紹介
  • 2.展示  …テーマを主とした関西、中部、東北3地域からの展示
  • 3.テーブルトーク …講演した各産業の取組みなどについてディスカッション
講演
スケジュール
(1002大会議室)
9:30-9:45
【オープニングセレモニー】

9:50-10:35
【基調講演1】
「ソフトウェア無線技術を用いた無線通信システム・デバイス」
  東北大学 電気通信研究所 教授 末松憲治様
<講演概要>
ソフトウェアを書き換えることにより、様々な無線システムに対応することができるソフトウェア無線技術とその高周波技術を概説するとともに、開発例として災害時にも有効なマルチモード衛星通信小型地球局を紹介する。

10:40~11:25
【基調講演2】
「消費者機械規格によるディペンダビリティ保証の枠組みと規格策定方法論」
  産業技術総合研究所 セキュアシステム研究部門 田口 研治様
<講演概要>
現在、トヨタを中心に自動車、ロボット、スマートハウスなどを含む、ディペンダビリティ保証のための規格策定が進んでいる。本規格では、日本独自の開発手法やプロセスを規格化すると同時に、規格をどのように策定するかといった手法の開発が行われている。本講演においては、本規格の特徴と、取組み、規格の策定手法について概括する。

11:30~12:15
【講演(1)車載システム】
「機能安全(ISO26262)最新取組み動向のご紹介」
日本電気株式会社 コンサルティング事業部
          シニアマネージャ 太田 孝史様
<講演概要>
ISO発効から3年、30社を超えるコンサルティング実績を持つNECから、開発手法、アーキテクチャ、プロセスに対する各社取組動向とNECのサービスについて紹介する。
<講演概要>
ISO発行から3年、30社を超えるコンサルティング実績を持つNECから、開発手法、アーキテクチャ、プロセスに対する各社取組動向とNECのサービスについて紹介する。

12:15~13:15 (昼休憩)

13:20~14:05
【講演(2)ヘルスケア】
「 医療を中心としたまちづくりにおける“地域実装”」
淀川キリスト教病院 事業統括本部 局長付  卯津羅 泰生様
<講演概要>
医療・介護を基盤としたまちづくりにおいて、ICT、ロボティックス等のアプローチは今後不可欠の要素になっていくはずと考えている。そこでは、1つのデバイス、1つのシステムという考え方よりも、“まちに組み込む”という新たな概念が求められる。言い換えると、“地域実装”でしょうか。 この地域実装を医療・介護の視点から推進する場合、どのようなビジネスチャンスが見えてくるのか、今回はそういった点に絞ってお話しする。

14:10~14:55
【講演(3)産業ロボット】
「産業用ロボットにおける知能技術の最新動向とセンサと連携した知能化ソリューションについて」
三菱電機株式会社 名古屋製作所 ロボット製造部 奥田 晴久様
<講演概要>
最新知能技術を実装したロボットと力覚センサや三次元ビジョンセンサなどを組み合わせた知能ソリューションによる製造の革新と今後の技術動向について紹介する。

15:00~15:45
【招待講演】
「車載電子システム開発」
 デンソー株式会社 電子基盤システム開発部
          先行技術開発室 担当課長 東道徹也様
<講演概要>
車載電子システムの役割は益々大きくなってきている。本講演では、複雑化する車載システムの開発の課題を解説し、電子系システムのモデル化技術を中心に最新開発技術の状況と未だ研究レベルで残されている課題を紹介する。
出展企業
(1001大会議室)

9:30-16:00
<出展企業>  19社・団体
■ 車載機器分野
・AVCテクノロジー株式会社
・株式会社NTTデータMSE
・株式会社OKIソフトウェア
・住友電工システムソリューション株式会社
・株式会社DTS
・株式会社東海ソフト
・株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ
■ ヘルスケア分野
・株式会社アイ・エス・ビー
・NECソリューションイノベータ株式会社
・株式会社コア 中部カンパニー
■ ロボット分野
・三菱電機株式会社
・ワテック株式会社
■ その他
・株式会社ヴィッツ
・キャッツ株式会社
・独立行政法人産業技術総合研究所
・東社シーテック株式会社
・ハートランド・データ株式会社
・みやぎ組込み産業振興協議会
・組込みシステム産業振興機構

テーブルトーク
スケジュール
(1001大会議室)
13:20~14:00 「車載システムの今後について」(仮)
14:15~14:55 「まちに組込むヘルスケアについて」(仮)
15:05~15:45 「産業ロボットの応用 ~新たなソリューションに向けて~」
開催体制 (主催)組込みシステム産業振興機構
(共催)
    車載組込みシステムフォーラム(ASIF)
    みやぎ組込み産業振興協議会
    宮城県
(後援)
    東北経済産業局
    中部経済産業局
    近畿経済産業局
    中部経済連合会
    関西経済連合会
    独立行政法人産業技術総合研究所 関西センター
参加費用 (入場)
    開催団体の正会員:無料
    ビジター:1,000円
(テーブルトーク参加者) 500円
(交流会)4,500円
申込み
締め切り
2014年8月25日(月)
※ご来場・各講演・テーブルトークは事前申し込みお願いします。
※ご来場の際は、受付まで参加票をご持参ください。
申込み方法 組込みシステム産業振興機構事務局まで所定の申込書をご記入の上、
電子メールまたはFAXにて送付願います。
  電子メール:
  FAX:06-6494-7386

※申込期間内であっても、会場定員に達した際には、お申込みを締め切らせて頂きますので、お早めにお申込みください。

ダウンロード

 

お問い合わせ

組込みシステム産業振興機構  

  • 事務局 岩井、井原
  • 電話:06-6494-7387
  • FAX:06-6494-7386
  • 電子メール:

↑ページトップへ