HOME > イベントスケジュール > 第13回組込みビジネス交流サロン(セキュリティセミナー)

第13回組込みビジネス交流サロン(セキュリティセミナー)

昨今、スマート家電の浸透により、各組込み製品、個人の家の中へもハッキングやマルウェアなどセキュリティ脅威が大きくなっており 各メーカの努力だけでなく、産業界、学官も連携してその脅威に対して 対策していく必要があると考えます。
そのため、情報家電の各メーカと組込みシステム開発会社など産学官連携プラットフォームである当機構においていち早く情報発信していくことでその対策の加速を支援していきたいと考え、組込みビジネス交流サロン【セキュリティセミナー】を下記のとおり開催いたします。

会員の方々はもとより、非会員の方にもお誘いの上、是非参加いただければ幸いに存じます。
また、講演後には交流会も開催いたしますので、あわせてご参加いただきますよう、重ねてお願いいたします。

開催日時 2013年2月4日
講演会 13:30~17:00
交流会 17:10~19:00
開催場所 大阪大学 中之島センター 5階 507講義室 (大阪市北区中之島4-3-53)
TEL:06-6444-2100
アクセスは、次のURLを参考願います。
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php
(交流会は9F 交流サロン サロン・ド・ラミカル)
講演概要 講演(4講演)

■ 13:30~14:20
「高度化する情報インフラを狙ったサイバー攻撃」(仮題)
名古屋大学 情報基盤センタ- 教授
高倉 弘喜 様

IPAの「脅威と対策WG」の委員長であり、サイバー攻撃の現状やその手口に精通した第一人者としてNHK「クローズアップ現代」 などに出演し、国家、企業を問わず日本の脆弱なセキュリティ意識に警笛を鳴らしておられる高倉先生に、高度化する情報インフラに対するサイバー攻撃の事例とその対策方針についてご紹介いただきます。
            
■ 14:20~15:10
「安全な情報システムのための実利用に適した暗号技術の紹介」
産業技術総合研究所 セキュアシステム研究部門
次世代セキュリティ研究グループ長
花岡 悟一郎 様

安全な情報システムの構築において、暗号技術は最も重要な要素技術の1つです。しかし現在非常に多くの暗号技術があり機能や安全性は多種多様で、その採用に際しては多くの混乱を生じさせることがあります。
本講演では実システムに利用推奨されている具体的暗号技術とその安全性についての紹介をいただきます。
             
■ 15:20~16:10
「クラッキング対策の動向とその具体的対策事例」(仮題)
(株)ハイパーテック 代表取締役 小川 秀明 様

破られないであろうといわれていたDVDビデオ再生プログラムが16歳の少年に解読されたり、既にBlu-rayもクラッキングにより違法コピーが可能になるなどクラッキングの脅威は拡大の一途。
セキュリティを守る側とクラッカーとのいたちごっこが続いている中、多くのセキュリティソフト検証の経験からコンピュータシステムのクラッキングの動向とその具体的対策事例についてご紹介いただきます。

■ 16:10~17:00

「組込みシステムのセキュリティを支えるセキュアマイコンの最新動向と事例」
ルネサスエレクトロニクス(株)
セキュアMCU事業部セキュアMCUプロダクト戦略部
藤岡 宗三 様

IoTに代表されるコネクティビティ環境の大きな変化が、PCやスマートフォンだけでなく、組込みシステムの利便性を向上させるとともにセキュリティの脅威となっている。
本講演では組込みシステムのセキュリティを支えるキーパーツとして注目されているセキュアマイコンの最新動向と事例を紹介いただきます。
            
■ 17:10~19:00  交流会
参加対象者 会員または会員からの紹介者(定員50名)
参加費 ・講演会参加:無料
・交流会:3,000円/1人(当日お支払いいただきます。)
→組込みシステム産業振興機構より領収書を発行させていただきます

講演会および交流会は、電子メールにて事前の申込みが必要となります。
1月28日(月)までにお申込み下さい。
申込期間内であっても、会場定員に達した際には、お申込みを締め切らせて頂きますので、お早めにお申込みください。

お問合せ

組込みシステム産業振興機構
事務局 岩井 井原
電話:06-6494-7387
FAX:06-6494-7386
電子メール:esip_info@kansai-kumikomi.net

ダウンロード

詳細につきましては、募集案内を下記よりダウンロードの上、ご参照ください。

申込書

↑ページトップへ