HOME > イベントスケジュール > 2012年度『コ・デザイン実装演習』講座

2012年度『コ・デザイン実装演習』講座

昨今メーカの海外展開(オフショア等)等、組込み開発企業にとっては非常にきびしい状況が続いております。当機構では、日本ならではの高品質ソフトウェア開発力に加え、ハードウェア(マイコン・周辺I/F)の特性をよく理解し、高効率で省エネルギーな実践的開発力へと拡充することで競争力強化に繋げることを目的に「コ・デザイン開発(実装)設計力強化」に取組むことになりました。
その一貫として、昨年試行し、評いただいた「組込みシステム実装演習」を、大阪大学を中心に、マイコンメーカー(ルネサスエレクトロニクス社様)のご協力も得、「コ・デザイン実装演習」として入門及び実践コースセットを開催いたします。
是非ご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

皆様、是非ご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

開催時期 1)入門コース:2013年1月10日(木)~12(土) 【3日間】
2)初級コース:2013年1月15日(火)~17日(木)【3日間】
3)実践コース:2013年2月1日(金)、2日(土)、7日(木)~9日(土) 【5日間】
開催場所 大阪大学 吹田キャンパス 情報学研究科 講義室
http://www.ist.osaka-u.ac.jp/japanese/access/index.html
コース概略 1)入門コース:(C言語を知っている人)
PCでのソフトウェア開発を行ってきた技術者が、周辺回路含めボードPCにソフトウェアを組み込むとはどういうことなのかを教材のマイコンとFPGAの開発体験を通じて学習できます。

2)実践コースセット:(組込み開発経験3年以上の方対象)
ローエンドで主流となる汎用マイコンRXとFPGAを使い、マイコンやFPGAおよび周辺機器の実践的な使いこなし、ソフトウェアだけでなくハードウェア(デバイスや周辺I/F)を含めた最適設計、及び省エネルギー開発力強化につながる実践的なカリキュラムです。実装まわりの開発経験が少ない方も「初級コース」で、マイコンとFPGAの基本的な取り扱いを習得いただきますので受講可能です。

講座実施体制
講座長:大阪大学大学院 尾上教授
主催:組込みシステム産業振興機構
後援:関西経済連合会、産業技術研究所
協力:ルネサスエレクトロニクス㈱、三菱電機マイコン機器ソフトウエア㈱
受講料 1)入門コース       55,000円(内教材費  25,000円)
2)実践コースセット   160,000円[会員価格 140,000円]
  ・初級コースのみ   55,000円(内教材費  25,000円)
  ・実践コースのみ   125,000円(内教材費  45,000円)
募集人員 各コース20名(申し込み順)
※応募者が少ない場合開催を見合わせることがあります。
申込み締切り 2012年12月28日(金)
申込方法 添付の申込書に必要事項をご記入のうえ
メール(esip_info@kansai-kumikomi.net
または、FAX(06-6494-7386)にて、お申込ください。

ダウンロード

詳細につきましては、募集案内を下記よりダウンロードの上、ご参照ください。

申込書 申込書

↑ページトップへ