HOME > イベントスケジュール > 第6回 技術者向け交流サロン

第6回 技術者向け交流サロン

この度技術者向け交流サロンでは、産業総合技術研究所 関西センターのご協力により、組込みコア技術セミナーを開催することとなりました。

今回は、第1回といたしまして、産業技術総合研究所 セキュアシステム研究部門長の松井 俊浩様をお招きし、 『制御セキュリティと産総研セキュアシステム研究部門の取り組み』 についてご講演いただきます。

会員の方々はもとより、非会員の方にもお誘いの上、是非参加いただければ 幸いに存じます。
また講演後には交流会も開催いたしますので、あわせてご参加いただきます よう、重ねてお願いいたします。

開催日時 2012年4月19日(木)16:00~17:00
講演終了後、交流会を開催いたします。(17:00~18:30)
開催場所 リーガロイヤルNCB 2F 松の間
大阪市北区中之島6-2-27(中之島センタービル内)
TEL:06-6443-2251
アクセスは、次のURLを参考願います。
http://www.rihga.co.jp/nakanoshima/ncb/index.html
(交流会 2F”松の間”)
講演内容 『制御セキュリティと産総研セキュアシステム研究部門の取り組み』
講師:独立行政法人産業技術総合研究所
    セキュアシステム研究部門 松井 俊浩 様

コンピュータウィルスや政府Web改ざんに始まる情報セキュリティの問題は、核施設への攻撃や広範な情報漏洩など、産業と社会を揺るがすサイバー攻撃に激甚化している。
また、自動車や携帯電話をはじめ、身の回りの機器や設備に組み込まれたソフトウェアの信頼性は、産業の信頼性の重要な要素になっている。
社会生活の効率化には、国民IDの導入等、一層のIT化が不可欠であるが、システムの安全性が隘路となって浸透を阻まれている。

今後、ITが産業と社会の成長を支える基盤となり、さまざまなサービスを実現させていくとの予測のもと、 先鋭化し、また拡大するITシステムとITサービスの安全な設計と運用のための技術開発を行うことで、我が国産業に安全の価値を付加し、国民が安心して生活できるセキュアなIT社会の実現に貢献することを、目指している。 こうした背景のもと、産総研は、産業に安全価値を付加すること、セキュアな社会生活の実現に資するITの研究開発を行うことをミッションとする「セキュアシステム研究部門」を設置した。

本講演では、セキュアシステム研究部門長松井俊浩様より、新組織が取り組む課題の概略を紹介していただきます。
特に、電力、ガス、鉄道などの産業インフラ防御のための制御システム安全への取り組みと今後の活動概要についてご説明いただきます。
参加対象者 会員または会員からの紹介者(定員50名)
添付資料の申込書を電子メールまたはFAXにて、事務局まで送付願います。
参加費 講演参加:無料
交流会 :3,000円/1人(当日お支払いいただきます。)
組込みシステム産業振興機構より領収書を発行させていただきます。

講演会および交流会は、電子メールまたはFAXにて事前の申込みが必要となります。
4月 13日(金)までにお申込み下さい
申込期間内であっても、会場定員に達した際には、お申込みを締め切らせて頂きますので、お早めにお申込みください。

お問合せ

組込みシステム産業振興機構
事務局 岩井 井原

電話:06-6494-7387
FAX:06-6494-7386
電子メール:esip_info@kansai-kumikomi.net

ダウンロード

詳細につきましては、募集案内を下記よりダウンロードの上、ご参照ください。

申込書

↑ページトップへ