HOME > イベントスケジュール > 第3回 技術者向け交流サロン

第3回 技術者向け交流サロン

第3回技術者向け交流サロンを以下の通り開催いたします。

第3回 技術者向け交流サロンのご案内

2011年2月9日:ご案内内容を一部変更しております。

開催日時 2011年3月11日(金) 16:00~17:30
勉強会終了後、簡単な交流会を開催いたします。(17:30~18:30)
開催場所 リーガロイヤルNCB 2階 淀の間
大阪市北区中之島6-2-27(中之島センタービル内)
TEL:06-6443-2251 
アクセスは、こちらを参考願います。
勉強会内容 システムが巨大化し、利害関係者が多様になってきている現状で、ユーザ要求の早期確定及びシステム及びソフトウェア開発の下流工程で発生している要求・仕様の変更の回避並びに不具合による手戻りの削減が大きな課題となっています。確実な遂行のためにも、開発の入る前の要件定義(超上流)が重要であり、日米共に失敗の原因の多くが上流工程の不備に起因しています。
今回の勉強会では、発注者、受注者共に守るべき基本的な考え方をまとめた「原理原則17ヶ条」を基に、要件定義の留意点、ユーザ・ベンダ間での合意形成などの問題の共有化を図ると共に、プロジェクトを成功へと導く17ヶ条の真髄とその具体的な適用事例を研修していただきます。
なお、勉強会・交流会を通じ、参加者が上流工程における自らの成功・失敗事例などの経験を意見交換できる機会もございます。今までの経験を17ヶ条に照らして振り返り、意見交換することで、明日の成功につながる価値の高い内容をご提供いたします。
当日は、17ヶ条を適用した多くの事例を掲載した「実務に活かすIT化の原理原則17ヶ条(2010年10月発行)※1」も教材として無料配布します。

指導者:
「経営者が参画する要求品質の確保~超上流から攻めるIT化の勘どころ~(含むIT化の原理原則17ヶ条)」、「共通フレーム2007~経営者、業務部門が参画するシステム開発および取引のために」そして今回の「実務に活かすIT化の原理原則17ヶ条※1」の作成・編集において、IPA/SECプロセス共有化部会主査をされた村上憲稔様(富士通エグゼクティブアーキテクト)に講演及びご指導いただきます。

※1 書籍「実務に活かすIT化の原理原則17ヶ条」
~プロジェクトを成功に導く超上流の勘どころ~
発行:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
参加対象者 会員または会員からの紹介者(定員50名)
特に、システム開発に携わるプロジェクトマネージャ、開発リーダ、ITアーキテクト、インフラ設計担当者、発注側の企画・要件定義担当者、営業担当者のご参加をお待ちしております。
参加に当たっての事前準備 「IT化の原理原則17ヶ条」の概要の事前学習(以下のURLより入手できます。印刷すると小冊子になります)
http://sec.ipa.go.jp/users/publish/SEC-TN05-002-1.pdf(ユーザ登録が必要)

17ヶ条に照らし合わせた自らの失敗・成功経験を意見交換できるようにしておいて下さい。
参加費 ・勉強会参加:無料
・交流会:1,000円/1人(当日お支払いいただきます。)
組込みシステム産業振興機構より領収書を発行させていただきます。

勉強会および交流会は、電子メールまたはFAXにて事前の申込みが必要となります。
教材の準備の関係上、申込みは2月23日(水)までにお願いいたします。
申込期間内であっても、会場定員に達した際には、お申込みを締め切らせて頂きますので、お早めにお申込みください。


お問合せ

組込みシステム産業振興機構
事務局 吉村・井原

電話:06-6494-7387
FAX:06-6494-7386
電子メール:esip_info@kansai-kumikomi.net

ダウンロード

詳細につきましては、募集案内を下記よりダウンロードの上、ご参照ください。

申込書

↑ページトップへ