HOME > 活動内容 > アジア諸国との連携共創WG「ベトナムミッション」のご報告

アジア諸国との連携共創WG「ベトナムミッション」のご報告

インド、中国に次ぐ、海外での組込みソフトウェア開発拠点として注目されている、ベトナムについて、その現状を視察し、ベトナムの各種団体との協力関係を構築するために、産学官のメンバー15名で、2011年11月21日から25日にかけて、ベトナムのダナンとハノイを訪問した。

今回の主なミッション

  1. 日越経済討論会(フラマリゾートホテル ダナン)
  2. VINASAとの覚書締結(JAPAN ICT DAY 2011)
  3. 現地日系企業等との意見交換会(パナソニックR&D、パナソニックリスーピア、東芝ソフトウェア開発ベトナム社、Jetroハノイ)
  4. 現地ソフトウェア開発会社との意見交換(FPTソフトウェア、CMCソフトウェア)
  5. 大学との意見交換(ベトナム国家大学、ハノイ工科大学、FPT大学)
日越経済討論会(11月22日)  日越経済討論会での伊藤委員長
FPTソフトウェア訪問  JAPAN ICT DAYでのVINSAとの覚書締結
ベトナム国家大学での教授との意見交換  ハノイ工科大学での学生とのディスカッション

今後、VINASAとJetroハノイの協力を得て、ベトナムソフトウェア業界との技術交流、人的交流に積極的に取り組んでいくと共に、日本企業の、ベトナムでの組込みソフトウェアのオフショア開発等を支援していく。

↑ページトップへ