HOME > 人材育成プログラム > 組込み適塾 実践演習コース 実践的テスト設計

組込み適塾 実践演習コース 実践的テスト設計

募集要項

目的
 
「組込み適塾」の修了生を主な対象者とし、実際のプログラムなどを活用した実践演習を行うことで、「組込み適塾」で修得したシステムアーキテクトとして必要な知識の習熟度を高める。
コース概要
 
 
 
テスト技法(ブラックボックステスト・ホワイトボックステスト)の概要を講義で学び、疑似的に作り上げたプログラムを使って、テスト技法(ブラックボックステスト・ホワイトボックステスト)の実践的な使い方を学ぶ。またテスト設計の概要を講義で学び、予め用意されたテンプレートを使って段階的なテスト設計を学ぶ。
レビューについては、概要を講義で学び、テスト設計の演習で作成した成果物に対して模擬レビュー(演習)を行う。
すべての演習が終了後、グループによる発表、グループディスカッションを行う。
受講要件
 
 
 
  • 組込み適塾の受講或いはテスト技法またはテスト設計の技術の活用経験があること。
  • C 言語でプログラミングが出来る、またはC 言語のソースコードを理解出来ること。
開催日程
 
10 月5 日(水)から26 日(水)までの毎週水曜日 4 日間
講義時間:9:30~17:30
募集人数
15名(申込人数によっては開催しない場合があります。)
受講料
組込みシステム産業振興機構 会員 65,000円
  一般 90,000円
申込締切日
2011年9月22日(木)
申込方法
 
組込み適塾事務局まで、所定の申込書とアンケートにご記入の上、FAX:06-6441-0443または、E-mail:esip_info@kansai-kumikomi.netまで送付願います。

ダウンロード

詳細につきましては、募集案内及びシラバスを下記よりダウンロードの上、ご参照ください。

組込み適塾 実践演習編 実践的テスト設計 パンフレットPDF 組込み適塾 実践演習編 実践的テスト設計 申込書
組込み適塾 実践演習編 実践的テスト設計 シラバスPDF

↑ページトップへ