活動内容

組込みシステム産業振興機構は「実現可能性を検討する組織」から「サービスを企画運営する組織」に移行します。

企画運営委員会

機構全体の戦略立案(マーケティング調査、目指すべき方向性の提示)や広報活動(相互交流促進、セミナー開催等)を実施

第1部会

企業が単独で取組むのが難しい、また教育事業者が提供しない独自の人材育成サービスを提供することで、関西の組込みシステム産業分野の技術者の育成、人材輩出の拡大を目指します。

組込み適塾
組込み適塾
組込み適塾 実践演習編 実践クラス設計演習(アンドロイド)
組込み適塾 実践演習編 リバースエンジニアリング&リファクタリング
組込み適塾 実践演習編 実践的モデル検査
指導者育成研修
パーソナルソフト開発作法指導者養成講座
再利用性を高めるQuality プログラミング作法 指導者養成講座
組込みソフトウェアエンジニア指導者養成講座

第2部会

組込みソフト開発を支援するため、ソフト開発の品質向上、受発注企画の拡大に関して検討した各種のサービスモデルの中で、トライアル等により推進すべきと判断した各種サービスを提供します。

組込み開発企業展示会
中小企業1社では直接大手企業に自社の技術・製品をアピール・訴求が難しいことから、機構として、中小企業が連携して、大手企業に提案ができる場を提供致しました。

2011年8月10日 シャープ株式会社
2012年2月14日 パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
活動報告

アジア諸国との連携共創WG「ベトナムミッション」のご報告

その他の活動

本機構では、IPA(情報処理推進機構)/SEC(ソフトウェア・エンジニアリング・センター)、JASAなどの関連機関と連携し、セミナーや展示会を開催することで、関係機関・団体との交流をはかるとともに普及啓発活動などを行います。また、活動状況などは随時ホームページ等で公開します。

↑ページトップへ